4留したけどマイホームがほしい

留年なんてたいしたことじゃないよ

住宅展示場2

一条工務店で、具体的な金額や間取りのイメージ図も書いてもらったり現場も見せてもらったり工場見学の誘いも何度ももらったりで、(価格以外)いいイメージしかなくもうここにしようかと思ってました。家は、性能って言葉もすごい好きだし。

 

しかしまさかの妻の営業さん苦手発言により断念。今でも心残りだけどこれから一生の買い物するのに苦手な人から買うってのも嫌だし奥さんに頭上がらない自分にとっては断念せざるを得ない。

 

仕事が忙しいのとちょっと疲れたねってことでしばらくは休憩してました。近所を散歩しながら好みの家を探してたくらい。

 

そして10月ごろに妻の友人宅に遊びに行く機会がありました。家を見に行く訳ではなくて久しぶりに会ったり妊娠のお祝い渡したりとかのつもりで。

 

その友人宅は2年前くらいに新築で建てた家らしいんですが、視界に入った瞬間から家の前の広々とした駐車場やウッドデッキも庭もあって家も綺麗で立派で感動しっぱなしでした!

 

結局まずは家を見ようとなって、案内してもらったり機能についてレクチャーを受けて完全に虜。

 

土地も広くて60坪近くあるらしく、その場でバーベキューしようって話になってすぐに立派なお庭でBBQ始まりました。子供も無邪気にはしゃいで旦那さんもテキパキ肉焼いてなんだこの幸せ家族。羨ましすぎるぞ。

 

いろいろと家づくりの話を聞いて参考になることも多く、とても有意義な時間を過ごすことができました。

 

という訳で、少し家に対する知識を得た状態で再び住宅展示場に向かったのでした。

 

今回はあらかじめ目星をつけていて、トヨタホームミサワホームに行くことにしていました。

 

前回の反省を活かして今回はモデルハウスに入る前に展示場内を散歩。いろいろとハウスメーカーの名前と外観をみてそれぞれのイメージをわかせることができました。結局は大事だよね外観!

 

しかし行ったのがたまたま仕事休みだった平日でもはや自分達しかいないんじゃないのかって感じでかなりいづらい。入り辛い。ゴーストタウンか。

 

ただ今回は事前に決めてたのでとりあえずトヨタホームさんに突撃。

 

ないな。

 

いや、家は綺麗でかっこよくてオシャレなんだけどね。営業さん頑張れよって感じですぐに立ち去りました。

 

期待してた分なんかショックで一回車に帰って息子にご飯食べさせて、ミサワホームはどうしようかと迷いました。次ダメだったら心折れちゃう(°_°)まあせっかく来たんだしと思い再びゴーストタウンへ。

 

ミサワホーム入った瞬間優しそうなおばさんがついてくれて、とても親切な話しぶりと最大の特徴である蔵を見せてもらい感動。とても満足でした。やっぱ営業って大事なんだなー。

 

しかしよく聞いたらその方は接客係?的な人で本来の営業ではないとこのこと。また営業からきちんと連絡いたしますねーとなってタオルやらラップやら沢山頂いて、終わった瞬間2人で出した結論。

 

ミサワホームにしよう」

 

単純!笑

なんでハウスメーカーはみんなラップくれるの?一生通い続ければラップ困らないんじゃない?

 

意気揚々と帰宅し、早速ネットで情報収集。評判わる!笑

 

しかし自分達の見てきた家は間違いなくいい家で、そんな評判なんて気にしない気にしない。蔵だよ蔵。家なんて収納あってなんぼよ!

 

と思ってた時期がありました。

 

ミサワホームさんとの始まりはこんな感じで最高でしかなかったのですが、その後営業さんとのやりとりが始まってからいろいろとありまして。

 

またそれは別の機会に書きます。

住宅ローン控除

前回一条工務店にいい意味でも悪い意味でもこてんぱんにされましたが、その時初めて住宅ローン控除って言葉を知りました。


年末調整とか源泉徴収とか税金のこととかほとんど何も知らないからよくわからなかったんですけどとりあえずお得ってことはわかりました。


自分たちにはたいした資産もないしローンに頼らざるを得ない状況だから利用できる制度は最大限利用しないと!


で、最近ニュースでちらっと増税対策で控除の期間が最大15年まで延長するみたいな話を見たんですけどそれが気になってます。


増税前までにとか単価とか金利が上がる前に早くしないととか焦ってたけど、逆に増税後とかに延長された分を控除してもらった方がお得なんですかね??具体的な借入金額や所得とかないとそれもわかんないのかな?ほんとに無知すぎて何をどう計算していけばいいのかもわからない\(^^)/


今のところ今週一件と来週一件現場見学会に行く予定だから、その2つのどっちかとは決めてて、後は土地さえ見つかればと思ってたけどまだゆっくりでいいのかなー?


悩みますね。


仕事が基本日曜日しか休みがないし疲れててやる気も起きない日もあったりで思うように話が進んでいかないけど、ひたすら他の人の家づくりのブログをみてモチベーションを保っていこうかと思います!

住宅展示場

こんにちは!


そろそろちゃんと家について書いていきます!


マイホームいつかは欲しいねーと妻と話してはいたけどなかなか動き出さずにいた私たち。なんせ自分はお金に余裕のある時期なんてないって生活をずっとしてきた人間だからそんな何千万の買い物だなんて遠い先の話だといつも思ってました。


これくらいの年齢になってくると年の近い職場の先輩や友人でもマイホーム建てたり探したりしていて、自然とそういう会話も増えてくるんですよね。


実際にローンで毎月いくら払ってるとか固定資産税はだいたいこのくらいとか具体的な話も聞くと、静岡にしては割といい家賃を払っている自分達にもなんとかなるんじゃないかと思ってきた訳ですよ。賃貸で払い続けてるのもったいなくない?って。


そんな感じで今年の春にとりあえず知識0の状態でさっそく近所の住宅展示場に向かったんですよ。坪って何どんくらいの大きさか想像もできないって状態。


ハウスメーカーの名前も特徴も知らなかった知識0夫婦は入ってすぐに声をかけられたところにのこのこと入っていきました。


それが一条工務店


初めてのモデルハウスの広々とした空間やおしゃれな家具に圧倒されて、営業さんもめっちゃいい人だしいろいろ説明受けてると良いところしかないし決まりだね。

「うん、一条にしよう!契約契約!どこにハンコ押せばいいですか?」

と言いかけてしまいました。


帰ってから調べてみると一条ってすごい高いというかめちゃくちゃ大手なんですね知らなかった。

手間のかからないタイルや大容量の太陽光・気密性・断熱性などなど、全てが魅力的!


営業さんと話してる時にどれぐらいの予算で考えてるか聞かれたから、知識もお金もない自分は土地込みで3500くらいですかねと言ったら

「留年さん(自分)、ここら辺でその価格で家を建てるのはどのメーカーでも無理ですよ」

とばっさり。高いけど品質は自信あります!ってのはすごい推されたけど。


今思うとそりゃそうだよなってわかるけど当時の自分には衝撃的すぎました。高い!知識1になったね!


自分達の希望としては妻と息子と義母との4人暮らし(子供もう1人欲しい)だから部屋数もそれなりに必要で、駐車場も最低でも3台は停めれるようにしたい。


となると土地の広さも必要だからね。


初めて入った展示場で2時間以上かかってとても疲れた私たちは他のとこを何も見ずにそのまま帰りました。


営業さんとはその後も何度かやりとりしたり実際の入居前の家やら見せてもらったりはして、体験会の情報やらをちょくちょく連絡くれたりしてたのですが、こっちがあまりやる気がないと思われたかその後はなあなあになりって感じになりました。


地味に今月中じゃないととか今仮契約しないとこーですよとか言われたけどその急かされてる感じもなんか嫌で。


1番の決め手は妻が営業の人のプライベートのインスタかツイッターかなんかを見つけて、いろいろ見てたらその人苦手って言われたことですかね。まじ陰湿笑


営業さんはSNS鍵かけた方がいいですよ。


しかし一条工務店は俺は大好き。建ててる人がうらやましいよ。


こっからしばらくはハウスメーカー選ぶのも疲れるねって話になって半年ぐらいはあまり進展もなくって感じですかね。一応はざっくりメーカー毎の特徴を調べたり外観や間取りの好みを2人で話し合ってイメージを膨らまして過ごしてました。


また最近になってマイホーム熱が上がってきたきっかけもあったのですがそれは次回にします。

留年について

家づくりの過程を記録にするとブログを始めて2つ目でいきなりこんなタイトル。


なぜ留年の話かというと、留年するってなかなかきついものなんですよね。自分が悪かったり体調だったり家庭の事情だったりそれぞれ理由はあると思いますが。


一度受けたことある授業をまた履修して、友達もいないからノート見せてもらえたりレポートをみんなで協力したりもできない。実験や実習も年下の子らがわいわいしてる所に1人ぽつんといる感じ。友達いないのに体育で中国武術したり。後輩が先に卒業してボーナスこんなに貰ったとかいらん報告されたり。

あー思い出したくない。俺が人付き合い苦手なだけか。


まあつまり何が言いたいかというと、だいたい2年や3年留年した人は中には開き直る人もいるけど劣等感を抱えている人が多いんじゃないかと。辞めてしまう人も多いし。一生無駄にした数年間の暗黒時代という十字架を背負うんですよ。


そんな状態だった自分でもこんな立派なマイホームが建てれたんですよ!っていう話をもし同じ十字架を背負ってる人たちに読んでもらえたらな。これから頑張ろうって思ってもらえたらなと思ったからこんなタイトル。




僕は大学5年目にまだ2年生でした笑

きっかけは今の妻との出会いからでした。一個下のサークルの後輩でしたが、3回くらい告白しては振られを繰り返しようやくめでたく付き合うこととなったのですが、そのタイミングで彼女は就職。デートも週末にしてたんですが毎日残業して疲れてる彼女にお金を出してもらい料理や掃除もしてもらったり。こんなの普通の人間じゃ逆に耐えれないですよね。彼女の方がもっと耐えれないと思ってたと思いますが笑


1日2コマしか受けてないのにバイトで疲れたーとか言ってる自分が情けなくて嫌で嫌で。dir en greyばっか聴いてたから余計辛い気持ちに。(すいませんディルは悪くないです)(日本一のバンドです)


そこからは就職してその先のことを考えると資格でもとろうかなと。授業もしっかり受けつつ資格の勉強もして第1種放射線取扱主任者というのを取得することができました。卒業も決まりました。卒業式はもちろん行きませんでした。友達いないから。


就職してからも負い目を感じてる分他の人よりは努力してきたつもりです。仕事に関係する資格もどんどん取っていき会社内でもいい評価も給料ももらえるようになり、今となっては十字架かなり軽くなりました。


後は夢のマイホームを建てれたら十字架もなかったことにしていいんじゃないかと1人勝手に思い込んでる訳です。


妻と出会ったのも今の職場についたのもたまたまかもしれないけどそんな人生もあるんだよってことを言いたくて。

全体的に暗くなっちゃったかな。とりあえず言っときたかったことがそれだからしょうがない。


次は他の人と同じようなHM選びの過程を書いていこうと思います!

自己紹介

はじめまして。

静岡県で家づくりについていろいろと考えている29歳の会社員です。


ブログタイトルにもある通り自分は大学で4年間留年しています。卒業して就職したのが26歳ってことです。むしろよく卒業したな。

原因は毎晩酒を飲んで遊んでサークル活動はしっかりしていたのに授業にはさっぱり行ってなかったからです(^^)完全に自分が悪い!


こんな自信満々に書いているけど当時は毎日が憂鬱で大学も辞めて1人旅でもしようかなとか東海地震きて大学潰れろとか本気で思ってました。地震きても死ぬのは嫌だから大学だけ潰れろって。資料紛失しろとか。間違えて単位くれちゃえとか。


そんな自分ですがマイホームとしては完全に耐震性・耐火性などに優れているHMで建てようと日々勉強しています。(おい)


いろいろと調べているうちにいろいろな方のブログを読ませて頂いて、参考になることや始めて知ることが多く、これから探し始める方のために少しでも参考になる文章が書けたらなと思って始めてみました。


今の状態は、土地も持っておらず展示場巡りをしてHM選びをしているところです。つまりまだ何もしていないし何も決まっていない。


HM選びの話、希望の間取り・土地の条件などの話をこれからは書いていくつもりです。

どうぞよろしくお願いします。