音楽と非破壊のブログ

非破壊検査の仕事を始めて3年目。仕事関係のことや自分の趣味のことなどを日々綴っていきたいです。

polyphia 7/13 渋谷

いやー行ってきましたよ!polyphia日本公演!


もうねー、はっきり言ってこの人たちは神だね。ひたすら感動しました。めっちゃくちゃよかった。それだけしか言えない!


自分は久しぶりにライブってものに行ったんですけど、やっぱりライブハウスっていいですよね。こう全身を揺さぶられるバスドラや体に直接響いてくるようなベースも脳汁だらだらなギターも。全てがここでしか体験できないようなことで、素晴らしさを改めて実感できました。


個人的にかなり注目していたjason richardson。やっぱりこの悪魔はすごい。敬意を評して勝手に悪魔って呼ばせてもらってます(^_^;)


彼は一応前座的な扱いだったんですけど、あのパフォーマンスを観た全ての人が虜になったんじゃないでしょうか。


あんな刺青ばりばりで顔も怖いしやばい奴にしかみえないですけど、ちゃんとステージの左右に動いてそれぞれに見せ場を披露してたのが可愛らしかったです。笑

あーjasonかわいいよ( ̄▽ ̄)


luke hollandもすごい!ドラムのことは正直あまりわからないけど、ただただかっこよかったです。彼はまだ24歳らしいです。なんやねんこの集団は!みんな若すぎ!


polyphiaが最大の目的だったのに結局jason richardson&luke hollandのTシャツ買っちゃいましたからね。


hos downって曲がすごい好きになりました。ギターとドラムだけでこんなにもすっきりとしたまとまった曲になるんだ。


そして本編のpolyphia。やっぱり会場の雰囲気なのか空気感なのかはたまたイケメンだからか、もうオーラが違いました。


基本ベースの人しか喋らない感じなのかな。すごいフレンドリーなのは伝わってはきたんですが。しかしいかんせん英語が全然わからない。これほんとにいつも思うんですけどかなり損してますよね。MCも含めてライブなのに。ぜんっぜん何言ってるかわからん!くやしい!


テクは間違いないし、正直ライブだと音源よりしょぼく感じちゃうかなーと思ってたのですが。ごめんなさい!ほんとにすいません!まんま音源!むしろ音源以上!


なんなんですかねー。音作りなのかな。全然ぐちゃぐちゃにならない。美しいですよ。


aviatorのjason登場は泣きそうなくらい嬉しかったです。まあ絶対やるとは思ってたんだけど。それでも感動。。

あとはjames francoが聴きたかった、、


あんまりこうすごかったって体験を人に伝えるのって難しいですよね。しかし自分的に1番思ったのは、この人たち見れたことはまじでいい経験になったってことです。バンドが好きで楽器を触ったことがある人ならこの体験はぜひしてもらいたいです。


それと、ライブ前にjasonにたまたま遭遇したんです。周辺にうじゃうじゃいたマイファスのファンは誰1人として気づいてない様子でしたけど。忙しそうだったからテイクアピクチャーって言ったら断られたけど会えただけで嬉しかったです。


りーさーXのこともほんとは書かないといけないと思うんですけど、ごめんなさい入場したのがちょっとだけ遅くなってあまり見れてないんです。ただ、ちっちゃいのにギターうまくてかわいかったです。1人で人前であんなに弾いててすごいよ。


今まではモッシュダイブの嵐なライブばっか行ってたので、こんな落ち着いたインストでのライブってなかなか想像できなかったですけどかなり満喫できました。しばらくはこの余韻が冷めないだろうなー。

polyphia

今日はとりあえず勉強のことは置いといて。


なんといってもpolyphiaですよpolyphia!!

昨日大阪公演だったのですがツイッターでちらほら動画や写真あがってるのをみました。あれって普通に撮影大丈夫なの?海外のライブとかは個人撮影みたいな動画いっぱいみるけど。

今日も東京公演があるんですけど自分は明日の方に参戦します。もーうずうずして仕事に集中できなかったです。


しかしやっぱりすごいね。jason richardsonって人が一緒に来ていて、この人のことはpolyphiaのaviatorって曲で知ったんですけどめちゃくちゃバカテクでピロピロ気持ちいいです。

この曲の後半のほうで突然登場するんですけど初めて見たときの感想は悪魔!笑

悪魔が出てきておぞましいフレーズを弾きたくるって感じで、とにかく圧巻で一発で惚れました。


右手もそんなガチガチに動かしてるのになんでそんなに弾けるんですか天才ですか。


polyphiaはすらっとしたイケメンなお兄さん達が華麗にテクニカルなフレーズを奏でるってイメージでそこが魅力だと思ってます。しかしそこにこの悪魔が加わることでダークサイドを引き受けてて、それがとてもマッチしてるんですよ。天使と悪魔。


ツイッターで情報収集してても、大阪公演いった人たちjason richardsonのことばっか!結局はごりごりのピロピロにあこがれちゃうってことだね!


f:id:kuro0103:20170712171409j:plain


しかしかっこいいな。めちゃくちゃ楽しみです。もちろんpolyphiaもだよ!james francoとかめっちゃ好きだし聴きたい!!

Fe-C系平衡状態図

わー1週間も続いてないのにもう二日間もあけてしまったヽ(;▽;)ノ毎日続けるのが目標だったのにすでに失敗。


いや途中まで書いたりとかはしてたんですよ。だけど考えながら書いて途中で一旦休憩と思って消したらそのまま消えちゃったりしてショックでなかなか立ち直れなかったりって感じで。難しいね。


今日はFe-C系平衡状態図ってやつを見ていきたいです。


f:id:kuro0103:20170711124532j:plain


まあこの図の話なんですけど。パッて見ても何がなんだかわけわかんないですよね。こういうグラフからでも、いろいろと読み取ることができるとわかると面白くなってくるんですよ。


自分なりの解釈だから間違ってることや正確な表現じゃないことも多々ありそうだけどいろいろと書いていきます。


まず、ざっくりの見方なんですけど横軸が炭素含有量。鋼っていうのは鉄(Fe)と炭素(C)との合金で、Cの含有量が0.02%以下のものを鉄、0.02%〜約2%のものを鋼、それを超えるものを鋳鉄っていいます。

意外とこれ聴くけど違いなんて知らないよね。


んで、縦軸が温度。これはそのまま温度なんだけどこの温度と炭素含有量の交点を見ればどの状態かわかるって話です。


それでもう一個基本的なことで大事なのが鉄の結晶構造の話があります。

結晶構造って何かといったら、それぞれの原子や分子がどのように配列されているかって話で、体心立方格子(bcc)は立方体の角8個に鉄の原子があってさらに真ん中にもう一個あるってのを一つの格子としてそれがずらーっといっぱいならんでる訳です。これはまあわかりやすいよね。体心だから真ん中に一個心がある。そのまま。

もう一個簡単なのが面心立方格子(fcc)。これは直方体の角8個にあるのは一緒でその他に、正方形の中心に一個ずつあるって形です。

図とかあればわかりやすいんですけどごめんなさいいいのがみつからない。(めんどくさい)


だから普通に想像してもらえればなんとなくでわかると思うんですけど、bccはきゅって詰まってるイメージでfccのほうがでかくなっちゃうぶん他の小さい原子やらなんやらが入りやすい形になっています。


この構造の違いが鉄の様々な性質に関係してくる訳です。


まずはC含有量0%の純鉄、つまり縦軸上の状態からみていみます。


この純鉄をがーって熱して溶融状態からだんだんと冷やしていくと、1538度(A点)でδ鉄ってのになります。まあ固まるってイメージでいいんじゃないかな?笑

これは体心立方格子ってやつです。


それをさらに冷やしていくと、1394度のとこでオーステナイトってのに変わります。このオーステナイトは面心立方格子、つまり他の侵入型原子が入る余地がいっぱい(^^)


そしてさらに冷やすと912度からフェライトってのになります。これまた体心立方格子になるっていう不思議ちゃん。


このように構造が変わることを相変態っていいます。へんたい(^^)(^^)


今の流れを基本的なものとして、今度はCがちょこっとだけ入った状態で考えてみます。

Cがちょこっと入るってことはグラフの左端だったのをほんのちょっと右側を見ればいいんです。


そこを見るとさっきとちょっと違って、オーステナイトからフェライトにいくまで幅がありますよね。変態が一瞬にして変わる訳ではなく、この領域で段々と変態するわけです。


ここで途中出てきた構造の話が関係してきて、fccのオーステナイトには隙間に余分な原子が入ってるんだけど、これが全てそのままbccフェライトに変態はできないんです。フェライトのほうが隙間が狭くて余分な原子の行き場所がなくなっちゃうから。

これもまた最初のグラフを見ればわかることで、オーステナイトの領域はE点の炭素量2.11%まであるけどフェライトはP点の約0.02%までしか存在しないんです。


はじめはオーステナイトが段々とフェライトに変態していくけど、残ったオーステナイトはCの濃度が上昇していって(残留オーステナイト)、このまま温度が下がってくと727度の線のところでパーライトというものになります。つまりフェライトパーライトの二層になるってことです。


このオーステナイトからフェライトが析出しはじめる温度をA3温度といい、フェライトへの変態が終わってパーライト変態が始まる温度をA1温度といいます。

なんで1と3なんだろ。そのうちA2も出てくるのかな??


と、いうことで今日はこのまで!中途半端!!笑

このグラフについては、まだまだ注目箇所があるし、自分も見返して勉強になるからまだこれからも続けます。しかしすごいぎゅっと詰まってるねこのグラフ。素晴らしいよ。

祭り

休みの日に仕事のことや勉強のことを書くのはなんか嫌ですねー。


てことで普通の日記。


今日は近くでお祭りがありました。普段はシャッター街で人も全然見かけないようなとこでも、この日ばかりは溢れんばかりの人だかり。地元でもなんでもないけどうれしいよね。


f:id:kuro0103:20170708183813j:plain


子供の頃はこの空気感さえあればなんでも楽しかったよねー。今日はほんとぶらぶら歩いてみて回ってラムネ一本飲んだだけでした。

子供たちが楽しそうに金魚を救ってる姿や張り切ってるおっさんたちをみてるだけでノスタルジックな気持ちになりました。ムックの「昔子供だった人達へ」って曲な気分。

以前友人に最強にださいと言われたこともあるけど僕は相変わらず大好きです。いい曲。


しかしハンドスピナーってなんやねん。楽しそうやん。


ビール飲んだりいろいろ食べたりしたらもっと楽しかっただろうけど今回はラムネ一本で我慢。これが逆にすごい大人な楽しみ方ってことにしときます。

wes勉強

最近はwesの勉強をちらほらと始めています。


普通の人は溶接って生でみたりさわったりってできないじゃないですか。だからなかなかイメージがつかめないというか、わかりづらい。難しい…。


まだ始めたばっかで今は溶接法や種類などについて勉強しています。

溶接の種類だけでも被覆アーク溶接,tig溶接,mig,mag,セルフシールド,アークスタッド,サブマージ,プラズマ,エレクトロガスアーク,などなどまだまだきりがないくらいたくさん種類あるんですね。

それ以外にも圧接やらろう付けやらにも種類があったり、シールドガスの種類やら電源の種類だとかもうたくさんありすぎ。


昔からこうひたすら覚えてく勉強って嫌いで歴史とか地理とかめっちゃくちゃ苦手だったんですよ。

計算問題はないのかね。微分方程式でもいいから。


放射線取扱主任者の勉強してる時も放射線ってやっぱりイメージできないから覚えづらかった記憶しかないです。

でもあれはまず発生の原理を覚えたらそれが生物の分野にいかされたり、さらにそれが測定方法や測定器の勉強にいかされたりと繋がってるイメージなんですよね。法令だけは全然別ですけど。

半減期とかエネルギーとかはいろんな人のブログだとかホームページでオリジナルの語呂合わせを見つけてひたすらメモってました。楽しかったですねー。


それが今回は全然バラバラというかひたすら覚えるってイメージで、よりマニアックでニッチな分野の資格だと思うんでなかなか参考になる資料なんかも見つからない(^^;)


どうしよう…。でも溶接屋さん(よく電気屋さんなんていいます。)のブログとか見てるととても勉強になりますねー。自分は検査をする仕事なので完成品をみることが圧倒的に多いんですけど、それまでの行程や気をつけることやコツなどをみれるので大分イメージがしやすくなります。


これからは勉強したことを自分なりにまとめて書いていこっかな。暇な時に見返してみて覚えれるように。うん、そうしよう!


それと話全然変わるけどa crowd of rebellionの初回限定についてくるDVDから||:α→Ω:||の映像が公開されましたねー。楽しみにしてた分めちゃくちゃよかったですけど初回限定買った人だけにとっておいて欲しかった気も…。笑

罪豚のところはイメージどおりのかっこよさ!!シャウトはすがすがしいほど気持ちいいね。


あーいう裏でギターがタッピングやらエフェクトかけてなにやらピロピロやってるやつすごい好きです。耳コピしようとしたらわけわかんなすぎて嫌ですけど。


でもこのギターの人が何曲かyoutubeに弾いてみたどうがをあげてるのがわかりやすくていいです。


しかし||:α→Ω:||。ケータイからだとなんて打ちにくい曲名。笑

資格

自分の仕事は資格をとらないと出来ないこと、わからないことがたくさんあります。


資格ない人がいくらうまくできるようになったとしても、そこに自分の判断で合否を出すことはできない訳です。資格何もとれなかったらずっとお手伝いしかできない…。それって悲しいですよね…


それに自分が判断しなければならず、責任を求められるからこそ仕事への向き合い方というか向上心も出てくると思うんです。何かミスや間違いを起こしてしまったら全部自分のせいになりますから。まあそれを嫌がってわざととらないなんて人もいるけどそんなのは見下しとけばいいんです。笑


非破壊検査に限らず資格って持ってれば持ってるだけその人のステータスにもなるし、やる気と根気と時間さえあればよっぽどの難関資格でもない限りとれちゃうものだと思ってます。


おぎやはぎが好きでラジオをいつも聞いてるんですけど、この前言ってたことがすごい響きました。


「人生うまくいくために、学歴は絶対に大事。イケメンだったり金持ちの家に生まれたりの人は初めから武器を持ってる。そんなのは後から手に入れることは出来ない。そうでない人はどうすればいいのか。となると後からでも誰でも手に入れれる武器は学歴。

学歴なんてと思う人が学歴なくても成功してる人こんだけいるじゃないかと言っても、学歴があって成功してる人はそれよりもはるかに多い。」


正確に覚えてる訳じゃないしこんな感じだったなーって文章だけどすごいいいなーと思いました。資格に関してもこれと全く同じだよね。


高卒だからーとか数学苦手だからーと始めからチャレンジするのを諦めて何もしてない人がほんとにもったいない。本当はほんのちょっとだけ努力すればとれちゃうのに。


と最近思ってることでした。

今日何回資格って書いたんだろ(^^;)でも合格発表の後のあのすがすがしい気分は何回味わっても気持ちいいんですよ!自分もまだまだこれから何回も味わいたい!


しかしおぎやはぎいいこと言う。ふざけてばっかりだけどなんなんだろうねあの魅力は。

超音波

誰もみてなくてもいいしとにかく続けようとは思ってるけどもはや2日目でもうめんどくさい。ブログ。


会社に入っていろいろ仕事をさせてもらって1番興味がわいたのがUT(超音波探傷試験)でした。


そうなった理由はいろいろあるけど簡単に言うとかっこいいから!笑


RTの資格を先にとっていろいろやらせてもらったりしていい経験にはなったんですけど、装置が重いとかの若干体力勝負なとこが非力で体力ない自分にはきついなーと思ってたんです。今はさすがにもうなれましたけど。


それが超音波やってる人たちを見ると装置軽いし探触子をあてながら何がなんだか訳のわからない画面を見ていろいろやってるのがスタイリッシュでかっこいいなーと思った訳です。笑

音波屋さんなんて言われたりしてるのもかっこいい!


まだまだUTの方は経験が少ないのでこれから頑張りたいです。その前にMTPTの資格とるのが先かなー。


今日は時間あまりないのでこれだけ。んー書くことなかなか思い浮かばない!